文久元年。

京都では京都守護職・松平容保と帝の御庭番である天狗判官・木曽の御嶽坊により、

皇女和宮の江戸降嫁による公武合体計画が進められていた。

それを知った京都の天狗判官であるKURAMAは、かつての兄弟子の御嶽坊の真意を質すべく、木曽へと向かう。

中山道を江戸へ向かう和宮を護衛する近藤・土方・沖田の新選組。

和宮を案じる帝の意を汲んだ容保と御嶽坊は、

木曽の王滝村で和宮を御嶽坊の妹・茜と入れ替えようと目論んでいたが、和宮自身は江戸へ行くことを決意、

それに従う新選組は御嶽坊と刃を交えることとなってしまう。

一方、公武和合を阻止したい宮中の多武峰卿は、和宮を亡き者にしようと暗殺臣・玉龍を王滝村へ送り込んだ。

さらに将軍家の失墜を狙う尾張徳川家も、木曽代官・遠藤五平太と飛騨忍群・多羅尾筑摩に和宮暗殺を下知していた。

心ならずも兄弟子と戦わなければならないKURAMA、

最強最古の天狗判官の威信をかけて帝を戦から遠ざけんとする御嶽坊、

和宮を護って死闘を繰り広げる新選組、

和宮の言葉に心を揺らす純血暗殺者たる玉龍、

主命を貫く一対一最強剣士の代官遠藤五平太、

忍統一の野望に燃える中山道最強と謳われる多羅尾筑摩――

と四つ巴、五つ巴、いや六つ巴の大乱戦!